メニューを閉じる

.

味噌漬け開発当初からのこだわりのひとつが、湖魚の味噌漬けを販売すること。様々な湖魚の中から、武宗が選んだのは流通量が少なく「幻の魚」「琵琶湖の宝石」と呼ばれている「琵琶ます」です。近江牛に次ぐ「滋賀ブランド」としての知名度と、上品な甘みを持つ脂、美しいオレンジ色は琵琶ますならでは。個体差と品質を揃えるため、美しい水質の元で育てられた安心・安全の養殖を選択し、一定数の確保に努めています。その他、味噌漬けの王道である鰆と銀だらの提供も。京都に白味噌を使う西京漬けがあるように、武宗では近江の白味噌を使うことで近江の味噌漬けとして売り出しています。

本来、魚は先に塩を振ることで生臭さをとることができるもの。しかし、武宗は「餅は餅屋」の精神をベースに、近江の歴史と伝統、技術を兼ね揃えた商品をできる限り使用したいと考えました。例えば、麹、味噌、酒。近江にあるものを極力使い、美味しい味噌漬けをお客様に提供したい。その結果、魚の味噌床のベースは肉と同じく白荒味噌と糖化麹。そして魚独特の水分量や生臭さを考慮し、砂糖や魚の旨味エキス、日本酒、生姜の自然素材をを追加しました。その他、鰆と銀だらは、2晩味噌漬けを行うことで、より味を染み込ませるなど様々な工夫を施しています。