メニューを閉じる

.

武宗の味噌漬けの一番の特長は、味噌で下味を付ける「本漬け工程」。

一般的には、食材をそのまま調味液に漬けたり、味噌のみで味付けを行うところが多いものですが、当社は漬物屋として培ってきたノウハウを活かし、本漬けを行うことで味噌の風味、旨味を食材に浸透させています。

基本の本漬けは、味噌と糖化麹。風味のバランスを保つため、魚の味噌漬けに限り自然調味料を加えています。

肉、魚の味付けに使用しているのは滋賀県大津市・九重味噌から仕入れる白荒味噌。国産米と滋賀県産大粒大豆、昔ながらの麹蓋を使った手づくり米麹など、こだわりの国産原料、滋賀県産原料から生まれた味噌が肉と魚本来の旨味を引き出します。

また、袋詰時には、白荒味噌と、滋賀県湖南市・北島酒造の日本酒、そして同じく自社製造の「善水寺みそ」を使用。味噌漬けの美味しさと滋賀県産の両立に、可能な限りこだわって選びました。

さらに麹は滋賀県野洲市・麹屋吉右衛門から仕入れ、自社にて加工し十分に糖化させた「糖化麹」。

砂糖や甘味料のような後に残る甘さではなく、自然ですっきりとした味わいです。そのまま食べても美味しい糖化麹と味噌を独自配合することで、武宗オリジナルの味噌床が完成。

また、麹にはタンパク質を分解する作用があるため、肉が柔らかくなるというメリットもあります。